AWS CLIのインストール

2017-10-25

#AWS

AWSマネジメントコンソールを使う機会が増えてきました。
軽微な確認作業で毎度ログインするのが手間なため、AWS CLIを使って簡単にできないかなとまずはインストール。

環境

  • macOS Sierra
  • python 2.7.13
  • pip 9.0.1

手順

  1. AWS CLIのインストール
  2. 認証情報設定
  3. AWS CLI実行確認

1. AWS CLIのインストール

ターミナルを起動して、pipでインストール。
参考: Install

$ pip install awscli --upgrade --user
...
ずらずらとログ出力される。
...
...

# 完了後、awsを実行。
$ aws
# usageが出たらOK。
usage: aws [options] <command> <subcommand> [<subcommand> ...] [parameters]
To see help text, you can run:

aws help
aws <command> help
aws <command> <subcommand> help
aws: error: too few arguments

2. 認証情報の設定

認証情報は実行時のコマンドライン引数や環境変数でも指定できますが、毎度指定するのも手間なので設定ファイルの方法を選択しました。 参考: Configuration and Credential Files

# ファイルの置き場所を作って
$ mkdir ~/.aws

# 認証ファイル作成
touch ~/.aws/credentials

# 環境設定ファイルも作成
touch ~/.aws/config

各ファイルの内容は次の通り。

~/.aws/credentials

[default]
aws_access_key_id=<アクセスキーID>
aws_secret_access_key=<アクセスキーID作成時に表示できたシークレットキー>

アクセスキーIDは下記で表示されているもの。

~/.aws/config

[default]
region=ap-northeast-1
output=json

初期設定リージョンは東京にしました。 リージョン名(サービス名の箇所)

これでインストール完了。

3. AWS CLI実行確認

試しにS3バケット一覧をAWS CLI経由で取得してみます。

$ aws s3 ls
...
S3のバケット一覧が出るはず。
...
...

機会見ていろいろなコマンドを試していこう。

© kdtakahiro 2018